HOME > 観る・遊ぶ > 稲畑人形 香陽館

観る・遊ぶ

稲畑人形 香陽館

【丹波市観光100選】伝統行事・工芸品等部門選定

兵庫県指定伝統的工芸品「稲畑人形」
稲畑人形は、丹波市氷上町稲畑の赤井若太郎忠常が、江戸末期の弘化3年(1846年)に創り出しました。

美 しい青色できめが細かく粘りの強い赤い粘土と、丹波霧の適度の湿りに恵まれて軽くしなやかな良質の原料に、伏見人形の流れをくみ、そこはかとなく漂う都の 香りがして、素朴で親しみのある優雅で愛すべき情緒を称えるものとなり、全国に数ある土人形の中でも抜群の人気を集めました。

人形の種類 は、2百余種にも及んでいますが、天神様の気品、お多福のおかしみ、舞子の艶やかさ、虎加藤の逞しさ、金太郎の無邪気さなど、いずれも丹波の人情と風土が 見事に溶け合って生まれた郷土の民芸品として、手にする人々の微笑みを誘っています。明治時代すでに、宮内庁御用達となり、ベルギーやアメリカへも輸出し て世界的にも名声を博しています。

初代とともに2代目赤井若太郎佐久3代目赤井若太郎直道は、明治大正と伝統文化を普及させましたが、昭和 の中期3代目他界後数年途絶えていました。その後妻赤井みさ代が4代目として、独自の作風で復活させ多くの表彰を受けました。昭和50年には、兵庫県第1 回「ともしびの賞」を受けました。昭和56年母他界後、5女君江が教職の傍ら技術を継承し5代目を継ぎ、昭和57年皇太子ご夫婦(現天王皇后陛下)丹波ほ 行啓の際に実演。昭和63年に、常陸宮ご夫婦ご丹訪では実演を披露しました。

 

 

現在は彩色芸術に創意工夫をこらし素朴な織物柄やあでやかな染物図柄の挑戦をしています。「舞姫」のあでやかな彩色が見ものです。

旧館で展示している作品は、ご希望により販売させていただきます。

稲畑人形は 工房内でイベント期間中のみご紹介させていただきます。

事前にご予約下さい

  •  松引金時
  •  舞姫 B
  •  饅頭食い
住 所 〒669-3581 兵庫県丹波市氷上町稲畑719
電話番号 0795-82-4745
営業時間 9:00~16:00 (入館)10:00~12:00 13:00~16:00
定休日 予約制
駐車場 旧屋敷跡地

稲畑人形のご注文はお電話か、ハガキでお願いいたします。

制作に支障をきたすことがございますので 団体での見学のみのご入館はご遠慮ください。