HOME > 観る・遊ぶ > 丹波布

観る・遊ぶ

丹波布

【丹波市観光100選】伝統行事・工芸品等部門選定

江戸期から明治初期頃、佐治郷で縞緯(しまちょう)といって各農家で日常的に織られ、普段着として使われていた布がありました。

手作り綿で糸を手紡ぎし、近くの野山の草木で染め、養蚕の盛んだった当地の屑繭(くずまゆ)のつまみ糸を入れて手機を使って織ります。

農閑期の女性の手で生産され山陰や京阪神地方に幅広く流布していました。

しかし、この全国に例をみない行程で作られた丹波布も工業化に伴い次第に需要が減っていきました。

今では国指定無形文化財となり復興のきざしが見えています。

住 所 〒669-3803 兵庫県丹波市青垣町西芦田541-1
電話番号 0795-80-5100
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜日
駐車場
Webサイト http://www.tambacity-kankou.jp/members/detail.php?id=752