HOME > 観る・遊ぶ > 西山泊雲・西山小鼓子

観る・遊ぶ

西山泊雲・西山小鼓子

【丹波市観光100選】歴史上の偉人部門選定

西山泊雲は本名亮三といい、明治10年(1877)丹波市市島町中竹田の西山酒造場の長男として生まれました。幼少の頃から文学を好み、弟の俳人野村泊月の勧めで高浜虚子に出会い俳句に没頭していきます。これ以後、俳句の道を究め、弟野村泊月とともに、「丹波二泊」と呼ばれるまでになりました。西山酒造場の「小鼓」は高浜虚子命名の銘酒として今も有名です。
西山小鼓子は本名謙三といい、明治42年(1909年)西山泊雲の長男として生まれました。父泊雲亡き後は、俳句活動を続け、高浜虚子とも親交を深め「小鼓子」も高浜虚子から命名されました。竹田村の村長も務め、また丹波の俳句文化発展に貢献しました。

住 所 兵庫県丹波市市島町中竹田