HOME > 観る・遊ぶ > 織田信包

観る・遊ぶ

織田信包

【丹波市観光100選】歴史上の偉人部門選定

織田信包

信包は天文12年(1543年)に尾張の戦国大名・織田信秀の四男で、信長の9歳年下の弟として生まれました。
慶長3年(1598年)の6月に伊勢国安濃津から柏原三万六千石に移封され、初代柏原藩主となります。
これが柏原藩の始まりです。
信包は佐治川に堤防を築いて河川の改修などを行いました。
晩年、大坂城で豊臣秀頼に仕えていましたが、慶長19年(1614年)、大坂冬の陣直前に突然吐血して大坂城内で死去しました。
享年72歳でした。

 

 

住 所 兵庫県丹波市柏原町柏原