HOME > 観る・遊ぶ > 檜皮葺

観る・遊ぶ

檜皮葺

【丹波市観光100選】伝統行事・工芸品等部門選定

檜皮葺とは,屋根葺き手法の一つで檜(ひのき)の樹皮を用いて施工される日本古来から伝わる

伝統的手法で、出雲大社をはじめ多くの文化財の屋根で見ることができる。

丹波市内でも、柏原八幡宮ほか多くの神社仏閣で見ることができ、なかでも山南地域の

高座(たかくら)神社では、300年ぶりに大修理がおこなわれ、屋根の葺き替えと共に剥がれた蛙股や

彫刻が美しく彩色され、昔の佇まいが甦っています。本殿の側には「檜皮葺の手法」が解るミニチュアの

模型が置かれています。

 

 

住 所 兵庫県丹波市山南町篠場447番地
電話番号 0795-77-0456