HOME > イベント情報

イベント情報

2019年12月21日(土) ~ 2020年03月01日(日)
若きティラノサウルス ジェーン

丹波市山南町に分布する前期白亜紀の地層である篠山層群では、
2006年8月7日の丹波竜化石の発見を機に幾度も発掘調査が実施され、
これまでにティラノサウルスの歯化石を含む36,000点以上の化石が発見されています。
本展では、ティラノサウルス類発見10周年を記念し、
若きティラノサウルス(ジェーン)全身骨格に焦点を当て、
ティラノサウルス類の魅力に迫ります。

詳細チラシはこちらからご覧ください


特別展期間中には、ワークショップやセミナーを開催します。
ワークショップ・セミナーの開催予定はこちらから

(日時)  令和元年12月21日(土曜日)〜令和2年3月1日(日曜日)
      10時〜16時

(休館日) 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)

(入館料) 大人200円、小中学生100円
       ※兵庫県内の小中学生はココロンカードの提示で無料 ※団体割引、障害者割引あり

(問い合わせ先) 丹波市役所 恐竜課 ☎0795-77-1887

 

2020年02月03日(月)
高座神社 星祭り (節分夜)

高座神社 星祭り(節分夜)

  

  日時  2020年 2月3日
      午後6:00~

  場所  兵庫県 丹波市 山南町谷川3557 高座神社

  午後6:00~敬神講による福引き・甘酒接待

  午後7:30~祈願祭(節分開運厄除・稼業繁栄・交通安全)

  午後8:00~古神符焼納の儀

     ※(但し、ぬいぐるみ・ひな人形・五月人形の類、ガラス・金属・陶器の類は
       神域の保全、火災防止及び自然環境保全の観点から持ち込まれませんように
       お願い致します。)

  会場へのアクセス
    兵庫県 丹波市山 南町3557    高座神社
      JR「谷川駅」よりタクシーで約5分
              徒歩25分

    お問い合わせ先  社務所  0795-77-0456(TEL・FAX)
    

 

2020年02月03日(月)
岩瀧寺「節分祭(星まつり)」

兵庫県丹波市氷上町香良にある岩瀧寺では、
「岩瀧寺 節分祭(星祭り)」が行われます。
令和2年2月3日(月) 10時頃~

一年間無事に過ごせるように護摩祈祷が行われ、
その後は年男による豆まき(11:30頃)も予定されており、
威勢の良い掛け声が飛び交います。

また、お昼時には、炊き込みご飯のおにぎりのふるまいもございます

岩瀧寺の節分祭に足を運んでみてはいかがでしょうか。

岩瀧寺の詳細・アクセスはこちらから

 

2020年02月03日(月)
折杉神社の粥占い

丹波の珍しい神事

折杉神社 粥占い


五穀豊穣を祈り、大鍋に米と竹管13本を入れて粥を炊き、竹管に入った粥粒の多少により、今年の稲・麦・大豆等の収穫を占う伝統行事です。 併せて天候を占う儀式も執り行われます。


【 日程 】 日 () 節分の日 午後3時

【 会場 】
折杉神社 丹波市市島町徳尾




【 神事 】

起源は「修験者が伝えたのではないか?」という説もあるが不明である。
折杉神社特有、近隣にない珍しい神事として、大事に受け継がれている。
その昔、1月14日(太陽暦)夕刻から護国成就及び天候を占う儀式として執り行われてきた。
現在は、毎年2月3日節分の日 15時から厳粛に執り行われる。
祭事後、境内にて当番の氏子集が篝火を焚き、白米3合、篠竹13本(農作物13種類)を大鍋に入れ煮詰め炊き上げる。
鍋から篠竹を引き上げ、竹を割り管に入った粥の多少によって、農作物の豊作、凶作を占う。
粥は参拝者に無病息災を願い振舞われる。
併せて残り火、熾きを鉄板に敷き詰め、樫の木で作った3㎝角の駒を12個、1月から12月まで並べて燃やす。
その駒の焦げ具合によって月ごとの天候を占った。
今のような情報のなかった時代、その年の農作物の作付けをする目安としていた。


アクセス
・ JR市島駅よりタクシーで15分
・ 舞鶴若狭道「春日IC」より福知山方面約20分、八日市交差点を左折
折杉神社を地図で確認→

問合せ
  あおがき観光案内所 TEL0795-87-2222










 

 

2020年01月11日(土) ~ 2020年03月08日(日)
特別展~つわものどもが夢の跡

黒井城は建武2年(1335)に築城されたと伝えられています。

戦国時代には赤井直正が城主となって悪右衛門を名乗りました。

明智光秀丹波攻めでは、「赤井の呼び込み戦法」で1度は光秀を敗走させましたが、
直正は天正6 (1578) 年に亡くなり、翌7年黒井城はついに落城しました。

今回の特別展では、この黒井城の歴史と城主・赤井氏・荻野氏について
地元に残る資料を中心にご紹介するとともに、
天下統一を目指してつわものどもが駆けぬけた夢の跡をたどります。 

開催期間:  令和2111日(土曜日)~38日(日曜日) 
  

場  所:  丹波市立春日歴史民俗資料館 (丹波市春日町黒井496-2)  場所はこちら

 

開館時間: 午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)


休館日 : 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
     (開催期間の前後、臨時休館します。/site/kyouiku/kasuga-rinjikyukan.html
 

入館料 :大人200円(150円)、中学生100円(70円)、小学生50円(30円)
     ココロンカード利用可、(  )20名以上団体割引 

 

※関連講座

  「赤井公招魂碑について」

   講 師 丹波市文化財保護審議会委員 山内順子

   と き  令和2年2月2日(日曜日)午後1時30分~

   ところ  春日住民センター 大会議室

チラシはこちら