HOME > 観る・遊ぶ > 赤井 (荻野) 直正 ~ 赤井 悪右衛門 ~

観る・遊ぶ

赤井 (荻野) 直正 ~ 赤井 悪右衛門 ~

【 丹波市観光100選 】 
  歴史上の偉人部門選定

 戦国時代の天文二十三年(1554) 新たに黒井城主となった荻野直正(赤井悪右衛門)は、その勢威を丹波一円に広げると共に黒井城の大改修を行い、雄大な戦国の城を築き上げました。
 
 天正三年(1575)の明智光秀の丹波攻めに最後まで抵抗したのは、黒井城主の荻野直正(赤井悪右衛門)でした。 しかしながら、天正六年直正は病気で他界し、翌年の天正七年八月に黒井城が落城して、丹波の戦国史はここに終わりを告げました。





「丹波の赤鬼」と称された歴戦の猛将
        


         
                                           
織田信長が認めた戦国の智将
 





            
          







「丹波の赤鬼」と明智勢激突の地、丹波攻め合戦図



丹波攻め合戦図』を大きな画面で見る
 赤井(荻野)直正活躍の地、黒井城跡の情報はこちら→


 

住 所 〒669-4141 兵庫県丹波市春日町黒井 ( 興禅寺 )