Loading...
観るの宝箱

伊尼神社

伊尼神社
伊尼神社

【丹波巡礼の旅 15社めぐり】

御祭神 日子番能 邇邇藝命(ヒコホノ ニニギノミコト)≪天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)の孫≫

社格  延喜式内社
    昭和16年(1941)10月 旧社名 奴々伎神社(ヌヌギジンジャ)から伊尼神社(イチジンジャ)に復古改称
    村社:明治6年(1873) 郷社:昭和13年(1938) 縣社:昭和17年(1942)6月  

建築様式 本殿三間社春日造
     ≪間口三間、奥行一間の身舎に庇が付き、庇中央一間の屋根を一段高く切り上げた変則的な社殿である≫
     極めて珍しい形式の社殿であるだけでなく、16世紀に遡る遺構として極めて重要な建物である 

〇由 緒

当神社は29代欽明天皇の朝庚申の年の 創祀と伝えられている。丹波地方でも有名なる古社である。
丹波平原開拓に当り国土経営の守護神として邇邇杵尊(ニニギノミコト)紀を祭っている。また、配祀として穀霊大市姫令(タナツミタマオホイチヒメノミコト)を祭る

古来より領主並びに武将の尊崇厚く 明応3年(1494)当地赤井城主赤井伊賀守忠家 本社を造営する。また、浩治元年(1555)11月に孫の赤井五郎兵衛太夫家清が本社を再建。甲冑一領を奉納する。武運長久を祈る。

延宝、天和以後、旗本の安藤、須田、水野の三武将の崇敬厚く、当社、祈雨の明神として知られ、また、武運長久の守護神としても、これら三氏の崇拝が厚かったと言われている。


  • 住所
    〒669-3571 兵庫県丹波市氷上町新郷1860
  • 連絡先
    TEL:0795-82-0018
PR