Loading...
観るの宝箱

阿陀岡神社(あだおかじんじゃ)

阿陀岡神社(あだおかじんじゃ)
阿陀岡神社(あだおかじんじゃ)

【丹波巡礼の旅】

【神社庁兵庫県丹波市支部 15社】



御祭神    

()田鹿(だか)葦津(あしつ)(ひめの)(みこと) 別名は木花咲耶姫はなさくやひめの)(みこと)

御利益

安産の守護神   福徳開運 厄除 交通安全 学問の神

社格

延喜式内社



創建   

創立年代は不詳なれど地方の古社にして延喜の制小社に列し、延喜式神名帳(西暦905年)に当社の社名、鎮座位置が所載されている。

社伝に言う欽明天皇即位3年 (542) 3月春日部乙身勅命により幣物を捧げた後、慶運の起こるによりて、この地に遷し、敏遠天皇の皇子社頭に賽す。或いは口伝えに日ヶ奥にありしを洪水により、この地の巨石にとどまり事なきを得たのだという。

明応元年(1492)8月社伝を再建せしも、元文4年(1739)7月八朔祭りの松明の火で炎上、寛保2年(1742)9月造営して同月19日遷宮する。現在の本殿は、当時の物である。

当時は、公郷武家の崇敬が厚く、岩倉具視は、直筆の神号額を納め、領主は高5斗の御供田を除地とする。

寛政4年(1792)当村字東山171番地名より八幡宮を合祀する。

明治42年同村多利字東山より天満神社を合祀する。

明治6年10月村社を列し、昭和3年11月縣社に昇格する。



⛩ 御祭神神話

主祭神は、天孫降臨瓚々杵尊の妃でお姿が美しく、女の業何一つ出来ぬ事はなく、婦女子の香神と仰がれたるお方で、()(でりの)(みこと)(海幸彦)()遠理(おりの)(みこと)(山幸彦)の母君で火中で安産されたことから、安産の守護神として遠近の信仰を集めている。相殿神は、八幡大神、天満大神で福徳開運、厄除、交通安全、学問の神として崇められている。



🖌 ご朱印の授受

ご朱印

直筆 (書置きの場合もあり) 

授受対応時間 10:00~15:00

初穂料  300円



🚻トイレ   境内にあります
 ※トイレットペーパーが常備されていないこともありますので 必ず流せるティッシュをご用意ください

👂ちょこっと耳寄り情報

ご神典  例大祭(八朔祭) 8月31日 
     秋祭      10月
     厄除大祭    2月17日・18日 

境内には 30本の桜の木があります


四方大神宮 稲荷神社鳥居の右側にある大きな岩

由緒:昔は、悪病が多く、よく流行した。それは神の怒りと云って怖れ、村の四隅4カ所を聖地として、四方大神宮を祀ったとの伝説がある。

祀った場所は、多利の村を中心として表鬼門にあたる丑寅の方向、「カナツキ」その正反対の未申の裏鬼門にあたる「芝西」、辰巳の方向「奥の谷新池の堤」その正反対の戌亥の方向アダカの森の「日が奥川西岸」。この4か所であり、悪病が地域に入らないようにと祈願したもので、これを世に四方大神宮と称し、そのところに昭和58年、碑を建立し、神社境内地として明確にし、保存している。


  • 住所
    〒669-4123 兵庫県丹波市春日町多利2467-1
  • 連絡先
    TEL:0795-74-0646
  • 営業時間
    拝観時間 9:00~17:00    ご朱印授受時間  10:00~15:00
  • 駐車場
    あり (バス5台  乗用車30台)
PR