Loading...
の宝箱

新井神社(にいじんじゃ)

新井神社(にいじんじゃ)
新井神社(にいじんじゃ)

【丹波巡礼の旅】

【神社庁兵庫県丹波市支部 15社】



御祭神 

高皇産(たかみむすび)霊神(のかみ)(天地創造の神)

社格

延喜式内社  市内の延喜式内社17社の内の最も古い神社の1つ。

    

創建

創建は大和時代、欽明(539-571)で現在地より約500m奥の滝ヶ谷にまつられていたが 明智光秀の高見城攻めの兵火で焼失、のち現在地に再建された。

社殿は江戸中期のものといわれているが、室町末期のものも残っていると言われ、最も古いものではないかという説もある。

⛩ 御祭神神話

江戸初期、比叡山の麓の日吉大社の分霊が祀られ、俗に「山王(さんのう)権現(ごんげん)」とも言われています。日吉大社では猿が神の使いとして神格化されている事から社殿(県指定文化財)には6代目中井権次正貞の力作である神猿像(1対)が安置されています。

阿吽(あうん)の呼吸の猿(向かって左が雌、右が雄)、それの陽物(ようぶつ)が際立っています。猿は「さる」に通じ、災害除けの聖獣であります。

また、境内にある御神木3本杉は、根元をまたいで子授(こさずけ)の祈願を行うと念願成就すると伝えられています。

🖌ご朱印の授受

🚻 ありません

👂ちょこっと耳寄り情報 

本殿正面大鈴の後ろに 木彫の三猿(見ざる聞かざる言わざる)があります 探してみよう

秋の例祭日 10月第二土曜日 日曜日がお祭り日になります

その宵宮に神事終了後、新法師踊が奉納されます


  • 住所
    〒669-3315 兵庫県丹波市柏原町大新屋514-1
  • 連絡先
    TEL:0795-72-0950
PR